Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

ARQRAY Stainless Exhaust for Alfaromeo 147 3.2 GTA


ファイル 980-1.jpgファイル 980-2.jpg
ARQRAY Stainless Series Exhaust
for Alfaromeo 147 3.2 GTA 型式:GH-937AXL
商品番号:8010AU81

GWも終えて本格的にこのビジネスが動き出してます。10連休という長~いお休み・・・いいなぁ~といいたいところですが・・・完全に休みボケになってしまいますね(笑)。さて、休日の昨日・・・マフラーの取りつけ依頼が入りまして急遽会社へ出社して Alfaromeo 147 3.2 GTA にステンレスマフラーを取りつけさせて頂きました (^_^♪♪ ここ最近、様々なクルマにマフラーを取りつける作業を受けておりますが・・・アルファロメオは久々でした。設立した当時は Alfaromeo 156 2.5 V6 と Alfaromeo 147 2.0 TS のデモカーを所有していたこともあって当時の思い出が頭の中をフラッシュバックしました!! その後は残念ながらデモカーで所有する機会がなく・・・少々残念なのですが・・・でもこのようにオーナー様から取りつけ依頼を受けたりしたときは嬉しく思います。ジュリエッタなど新型も販売されておりますので今後のマフラー開発に再びアルファロメオを入れられるよう調整したいと思います。今年ももう5月・・・あっという間にGWが終わって・・・夏到来になりそう(汗)苦手な季節なので何か対策をしなくては・・・

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo

ARQRAY Stainless Exhaust for BMW E85 Z4 3.0i


ファイル 978-1.jpgファイル 978-2.jpg
ARQRAY Stainless Series
for BMW E85 Z4 3.0i 前期

GW・・・真っ最中な日本・・・ニュースはそのネタばかりでどこ行っても渋滞&混雑していそうです(汗)弊社はカレンダー通りなので本日は元気に営業中です。そんな中・・・本日マフラー取付けのご依頼が入りまして BMW E85 Z4 前期 にステンレスマフラーを取りつけさせて頂きました♪♪ これからオープンカーが似合う季節で・・・スポーツサウンドを発しながら走れば注目度もUpUpですねぇ~(o^皿^)\ニパッ♪ リアピースのみ設定でデフ横あたりで純正マフラーを切断・・・写真2枚目が弊社のマフラー(左側)と純正マフラー(右側)の比較となってますが・・・見て頂ければメインサイレンサーの寸法がいかに異なるかが分かって頂けるかと思います。純正が横置きに対して弊社は縦置き・・・製品の軽量化と排気の抜けを意識した設計となってます(生産性もありますけど)。弊社のマフラーラインナップの中でこの BMW E85 Z4 (前期、後期)はに人気アイテムとなっておりまして・・・開発して以来・・・かなりの本数を販売させて頂きまして現状でも変わることなく日本各地に発送させて頂いております。さぁ~本日も頑張って作業完了し・・・明日から3連休でお休みとさせて頂きます♪♪ ゆっくりと静養して・・・休み明けの業務に備えたいと思います。

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo