Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

BMW F82 M4 マフラー開発スタート!!



さて・・・かねてより開発プランを計画しておりました BMW F80 M3/F82 M4用マフラー開発がついに・ついに・始まります♪♪ すでに数メーカーから発売が開始されておりますが、ARQRAYとしても早く開発を始めて即発売開始ができるよう調整しております。今回開発にご協力頂いた B-PLUS さんには大変感謝・感謝で m(_ _)m 約2週間ほど M4 をお預かりしてマフラーを開発していきます。早速ファクトリーに入庫しましたのでまずは純正マフラーのチェックを!! まぁ---ご覧のように独特のレイアウトした純正マフラーではありますが・・・軽く近接騒音を測定してみると・・・エェエェエェエェエェエェエェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェエェエェエェエライコッチャ・・・排気バルブが装着されておりますが閉じている時で93dB/開いている時で100dBになっておりました。これって・・・もれなく加速騒音には通っていない数値になるかと思いますが・・・こんなんで良いのですか?? 我々が開発する新基準対応品は加速騒音82dB以下という数値ですからもれなく純正以下の音量になってしまう┻┻εεε====(゚ノΔ)ノキャーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!! 世の中がおかしいのか?? 新車(輸入車)だからokなのか?? 理解できない。アフターマフラーメーカーつぶし?? 確かに・・・陸運局の検査員の判断となり純正マフラーでも車検NGっていう声もききますけど・・・純正以下になるというのはスポーツ性がまるっきりありません。しかし・・・決められた基準ですから従うしかないのですけどね(-_-;;; まぁ--これから開発をスタートさせてどのような音量、サウンドになるのか作業を進めながら確認したいと思ってます。あっ・・・今回はスポーツキャタ付きのフロントパイプ、オプションセンターパイプも製作予定です!!

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo

そろそろ・・・カーボンテールを実用化に (-_-;;;



以前から早く設定させたかった・・・カーボンテール仕様のマフラーをそろそろ実用化すべく生産サイドと念入りにミーティングしております!! 巷でもカーボンテール仕様が増えつつあり・・・トレンドも変わろうとしているようです。無論・・・ARQRAYとしても以前から考えておりそろそろ・・・第1弾として BMW F20 M135i と F22 M235i 用を設定させようと企んでおります(笑)このクルマ・・・純正で排気バルブが装着されており(電子モーター)写真の片隅にあるバルブ本体をマフラー側に装着すれば純正の電子モーターユニットが取り付け可能となります。ここ最近のクルマはこのような電子モーターが採用されておりますのでコチラも早く対応させないと(>_<);;; 写真はセンターパイプ込みですが・・・新基準対応させるモデルをどうしようか・・・リアピースだけにするのか・・・センターパイプ込みにするのか・・・いろいろと悩み中。ターボエンジンなので効率を考えれば触媒後からフル交換のようがより効果的になりますが・・・問題となるのは音量とコスト面!! 現状 F20 M135i リアマフラーはオールチタン製のみですが、このカーボンテール仕様はオールステンレス製としてコスト面も配慮!! あとは・・・セット販売にするか? 単品販売とするか? ん---どうしよう。コスト面だけ解決できれば・・・フル交換が良いかな(^_^ 電卓を叩いて・・・検討してみま~っす。

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo