Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

BMW F22 220i COUPE・・・・明日加速騒音試験です(-_-;;;


新基準対応マフラー for BMW F22 220i COUPE
型式:DBA-1J20
メイン径:60.5φ 出口:80φ×2 IC
商品番号:8031AU92

明日は・・・例の・・・加速騒音試験日です(>_<);;; 試験を合格するまで精神的にもつらいのですが、今回受験する車輌は BMW F22 220i COUPE で純正位置デュアルテール仕様となってます!! 純正マフラーがF30 320iと同様にシングル出しとなっており何か寂しい・・・純正ディフューザーのカットは必要となってしまいますが交換後はご覧のようにスポーティかつ迫力が出ていると思います。交換はリアピースのみ・・・平成22年4月1日以降の車輌は加速騒音試験を義務付けられておりましてクリアしないと車検対応にはなりません。基準も加速騒音82dB以下という厳しい数値ですから旧基準(JASMA認定品)と比べてしまうと静かに・・・またターボエンジンの場合は排気音が消されてしまうので聞いていても寂しさを感じてしまいます(T_T しかし・・・決められた基準ですから仕方がない・・・明日の試験に合格すれば発売開始となりましてすべては明日の結果次第!! 今回この車輌をお借りしたのは Shonan BMW 平塚支店 さんのお客様からでエストリルブルーが素敵♪♪ 以前 BMW E46 330Ci CLUB SPORT に乗っておりました際このエストリルブルーでしたがこのブルーはBMWの中で一番好きなカラーリングです。明日ホームページ用の撮影をしてご返却します。積載車も借りましたし・・・準備万端ですハァ…(|||´Д`)=3

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo

排気ガス検査



これをいきなり見せられてもさっぱり分からないかと思いますが・・・これスポーツキャタに使われている内部のメッシュ(ハニカム)で言わば触媒の本体になります。キャタライザーとは??

「キャタライザーとはフィルターのようなもので有害物質を含んだ排気ガスをそのフィルターを通すことにより、浄化した排気ガスとして放出する。詳しくは、エンジンから排出された排気ガスの炭化水素や一酸化炭素の有害物質を酸化させ、無害な二酸化炭素と水分に変化、併せて窒素酸化物も還元して有害物質を低減させる装置がキャタライザーになります」

ARQRAYでも一部の車輌にこのスポーツキャタを採用して排気効率のアップ、性能アップに一役かっておりますが・・・日本で使うには排気ガス試験を受ける必要があり・・・単純に作っても法的には適合しておりません!!


排気ガス試験は・・・このような機材(ダイナモ)上に試験車輌をセットしてガスの濃度などを計測します。この試験は試験機関があって予約して車輌を持ち込めば試験を受けることは可能です。先日・・・BMW用スポーツキャタのお話をしておりますが、開発が終えたら車輌に装着し試験機関へ持ち込む必要があって・・・その試験に合格するとレポートが発行され晴れて車検対応品として販売ができるわけです!! 製造メーカーとして法的に問題のないクリーンなスポーツキャタを市販化したいのでサンプルが仕上がってきて排気ガス試験を受け・・・市販化できるようまだまだ作業が沢山残ってます(-_-;;; あっ・・・この試験は車種ごとなので大変なんですけどね。どうなるかはまだ分かりませんが・・・早く市販化して排気効率、性能アップができるアイテムとして早く発売開始させたいと思ってます。

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo