Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

PORSCHE 993 Carerra 2



ファイル 321-1.jpgファイル 321-2.jpg
この世に何種類ものクルマが生産され販売されてます。各クルマが出す雰囲気はまったく異なり・・・この PORSCHE 993 Carerra2 は現代の911にはないイメージがあります。無論、クルマは日々進化しており徐々にハイテク満載な仕様になってきておりますし・・・何かすべてを管理されていると面白みがないような感じもします。スポーツマフラーも進化の後が見られ・・・旧車は触媒がレスになっていたり、ここ最近のクルマは触媒が4個装着されているし、触媒の数を増やして厳しい排気ガス試験をパスさせているんだなぁ~と感じております。昨晩この PORSCHE 993 Carerra2 で東京~横浜まで首都高速を走る機会があったのですが・・・なかなか面白いです(^_^♪ この車輌には軽量チタン素材で作られた Titanium Silencer (品番:8040TS30)が装着されております。ポルシェの場合・・・リアエンジン搭載なのでマフラー自体の距離が短くチタン素材を使ってもチタンがかもし出す音色が分かりずらいかもしれません、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗) しかし・・・私がステンレス製とチタン製を乗り比べてみたら音量ではなく音色がチタン製の方がマイルドに聞こえました。これはお乗りになる方のフィーリングで私が感じることとは違うかもしれませんが・・・様々なクルマにチタン製を装着して感じた限りではチタン製しか乗れない体になっているようです(笑)サイレンサーの容量が小さい PORSCHE 993 Carerra 用マフラーは音量が大きいタイプと小さいタイプを開発しまして・・・この車輌に装着されている仕様は「小さいタイプ」にはなりますがそれでも純正と比べれば大きくスポーティな音色に・・・音を言えば・・・M/T車とA/T車でも発するサウンドが異なるのでご説明が難しいのですが(; ̄ー ̄A アセアセ・・・そしてチタンパイプが焼けてくると・・・ご覧のように(写真3枚目を参照)ブルーといいますか紫色に変化してステンレス製では味わえない雰囲気を出してくれます!! 車種の特性によって焼け方が異なりますが・・・チタンマフラーは元々レース業界で使われている素材で車輌を軽量化してラップタイムを削るのに最適な素材が今やストリート用マフラーでも使われるようになり・・・ネックとなるのが価格設定でステンレス製の倍になってしまいますが∑(ёロё)ホエー!! しかし・・・純正マフラーの半分の重量になり、チタン製でしか味わえないこともありますので皆さん・・・是非・・・是非・・・チタンの魔力をご自信の愛車に注入してみてください。ポルシェ用チタンマフラーはこの 993 Carerra 用しか設定できておりませんが・・・今後は他車種も開発してラインナップの拡大に努めていきたいと思います。詳しくは弊社ホームページのラインナップ表にて設定車種をご確認下さい。

旧基準対応マフラー
http://www.arqray.jp/products/price_list/index.html

新基準対応マフラー
http://www.arqray.jp/products/authorization/price_list.html

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo

ヤバイなぁ~・・・・そろそろ発売しないと・・・・



ファイル 320-1.jpgファイル 320-2.jpg
さて・・・今週末は大阪まで出張に行く予定でエアロ工場に入庫されているデモカー BMW F30 320i SPORT を引き上げに行きますが丁度日曜日に大阪で afimp スーパーカーニバル が開催されるので見に行こうと思ってます。本来であれば・・・出展・・・したかったのですがデモカーが出払っていてネタ切れ(w_-; ウゥ・・しかし今回 A-REAL さんのデモカー BMW F30 328i にARQRAYマフラーを装着して頂けることになっており・・・出来立てホヤホヤなマフラーを本日発送しました。輸出仕様なので音量は少々大きいですが(極端ではありません)・・・ド派手なエアロを身にまとうらしいのでまた現地からレポートしたいと思ってます。さて・・・そんな BMW F30/31 3SERIES ですが街中でもかなりの台数を見かけるようになってきており重要なマーケットであることは間違いないのですが・・・ARQRAYでは BMW F30/31 320d(ディーゼル)用しかラインナップに加わっておりません(汗)真っ先にデモカーとして F30 320i SPORT を導入しておきながら・・・東京オートサロンの展示やエアロパーツ開発などでタイミングが合わず・・・今に至っておりますが来週には戻ってきますので早く加速騒音試験を受けて生産開始できるようにしなくては。では関心のラインナップは??

----for BMW F30/31 320i----
▲純正形状タイプ「2本出し」
▲左右出しタイプ「4本出し」

を予定しておりますが・・・先日開発しました輸出仕様の「101φ×2テール仕様」も良いかなぁ~と思ってます。とはいえ・・・テールパイプのデザインが違うだけで各仕様で加速騒音試験を受けないといけませんので結構大変(>_<);;; そして左右出しで問題なのがテールパイプ(写真3枚目を参照)なのですが、元々右側にはテールパイプは存在無く・・・スペースも限られておりテールパイプを設置するのも大変なんです!! 写真を見て頂ければ分かって頂けると思いますが、通常のテールパイプ以上に複雑な作りになっているのです。社外製は簡単な作りになってますが・・・弊社の開発スタッフはかなり拘って作っており・・・このことが発売を遅らせるポイントになっているのも事実です。とはいえ・・・完成したテールパイプですから発売開始に向けて準備は整ってはおりますので最終スペックを決めて早く発売開始させないとね。大変長らくお待たせしておりますが・・・間もなくアナウンスできると思いますのでもう少々お待ち下さい m(_ _)m

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo