Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

AUDI TT-RS ワンオフ製作開始!!

ファイル 39-1.jpg
ここ数日・・・完全に夏の陽気ですね(;^_^A アセアセ・・・しかしこの時間帯になると涼しいので着る服装選びも大変だったりします。現場サイドも夏になるともっと大変なんですが(汗)そんな現場を見ると開発ピットには作業中のPORSCHE 991 Carerraと今回ワンオフマフラー製作のご依頼で入庫したAUDI TT-RSの姿がw( ̄o ̄)w オオー!有難いお話でここ最近ワンオフマフラー製作のご依頼が増えており・・・現時点での入庫は6月まで予約でいっぱいです。ほんと有難うございます。
ファイル 39-2.jpgファイル 39-3.jpg
さてお話をAUDI TT-RSに戻しますと・・・写真2枚目が純正マフラーの全体像になります。スタンダードのTTとは形状が変わっており完全な専用品(当たり前か)、テールパイプ部分に目をやると排気バルブが装着されておりました( ̄O ̄;) ウォッ!しかしバイパスパイプは存在しないのでサイレンサーの内部で分岐されているのでしょうね??メインサイレンサーの容量も大きくて・・・湯たんぽ型になってます。どのように作るか??地上高の問題もあるのであまり大型にはできそうもないですね。今回はフルチタンで製作しますが・・・
ファイル 39-4.jpgファイル 39-5.jpg
写真4枚目が純正触媒になります。フロントパイプが2本形状になっているので左右バンクで各1個ずつ装着されておりました。簡単に見た限りではセンサーの姿が見えませんでしたが・・・これはセカンドキャタなのかな??メインパイプ径もそこそこ大きいので結構パワーが出ているのでしょう。そして写真5枚目・・・気になったのがサブサイレンサー部に排気漏れ??の症状が( ̄0 ̄;アッ純正マフラーなのにもう排気漏れ??穴でもあいているのかな??黒~い排気の煤が付着しておりました。まぁ~ワンオフ製作後は純正マフラーを外してしまいますが・・・こんな感じで昨日に引き続き・・・純正マフラーの検証となりましたが、車種ごとにレイアウトや触媒の位置、個数、サイレンサーの容量が異なるので勉強になります。果たしてどのようなスペシャルマフラー(チタン製)が完成するのでしょうか??楽しみです(^_^♪♪

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan

ARQRAY | Facebookページも宣伝

---------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo/

BMW E61 550i TR -ワンオフマフラー製作中-

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpgファイル 33-3.jpgファイル 33-4.jpg

BMW E61 550i TR 型式:ABA-PW48
ワンオフ製作「左右出し」

いや~先ほどのヒョウは凄かったw( ▼o▼ )w オオォォ!!晴天だった午前中とうって変わり・・・一気にドンよりした空模様になったと思ったら豪雨+ヒョウがドッカ~ンと降ってきた。お客様のクルマが社内に保管しておりましたので無事・・・社用車と社員のクルマが心配でしたがすべて無事でしたε=( ̄。 ̄;A フゥ…そんな中、現在ワンオフマフラー製作でお預かり中の BMW E61 550i TR が開発ピットに入庫中で左右出しマフラーを製作中です。E60 550i SEDAN用の左右出しはカタログモデルとして設定されておりますが・・・ツーリング用はボディ下に補強バーやバッテリーケース横にキャニスタータンクが装着されておりパイプレイアウトが少々厳しいのでワンオフ製作扱いとなっております!! 徐々に作業は進行中で、車輌左側にメインサイレンサーを設置して内部で右側に排気が流れるよう設計されております。よ~く見ると・・・サイレンサーの形状がカタログモデルとは異なり変形オーバルサイレンサーで現在製作されております。これぞワンオフマフラー製作の特徴でもあるのですが・・・これだけ特殊なフォルムのサイレンサーは量産は不可(@Д@; アセアセ・・・とはいえ新世代のスポーツマフラーを作るには・・・このようなフォルムにしないといけませんが(汗)写真2枚目が右側に通すパイプなんですが、ご覧のように補強バーがありますので狭いスペースの中・・・パイプを通してます。残すはキャニスタータンクを干渉させないようパイプレイアウトを考えないと・・・写真3枚目が純正マフラーなのですが、サイレンサー手前で分岐させておりますが何か無理して排気を流しているような形状になってます( ̄ー ̄?).....??アレ?? まぁ~メーカーなりの考えでこのような形状になっているのでしょうが・・・ちなみに純正マフラーは排気バルブが装着されており、バルブが装着されているのは右側のテールパイプ・・・流れからいうと太いパイプの方がメインになりますが、バルブが閉まっているときは小さなパイプをバイパスさせて排気を流しているのでしょう。あとは・・・サイレンサーの内部構造がどのようになっているのか?? 無論、現在製作中のワンオフマフラーはサウンドはもちろん・・・排気効率も考えて作っておりますので性能もUpします♪ ちなみにこの左右出しマフラーと一緒にセットされるディフューザーは3Dデザイン製のカーボンになります。明日には完成しますので・・・完成の図が楽しみです(^_^♪♪

オーダーメイドマフラーシステム
http://www.arqray.jp/products/ordermade/index.html

-スタッフブログをリニューアルしました!!-

「旧スタッフブログはこちらをクリック!!」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan

ARQRAY | Facebookページも宣伝

---------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo/