Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

オールチタンマフラーの魅力!!


本日は定休日でお休みとなりますが・・・・いい天気なのでデモ車のF20 M135iを洗車して綺麗にしようかと思います (^_^ もともとレース業界などで使われている素材・・・超軽量チタン材・・・その特別な素材を使い軽量化を図った Titanium Silencer です。ステンレス製と比べかなり軽く仕上がっておりまして重量もそうですが・・・チタンマフラーから発する音色はまたチタン製独特の硬いサウンド&周波数が少々高くなります♪♪ 私もデモ車にチタンマフラーを装着して体感しておりまして・・・価格はステンレス製に比べて高額にはなってしまいますが(汗)価格に見合ったパフォーマンスをもったマフラーとなっております。こちらは・・・お客様からご注文を頂戴しております BMW E46 318i 用となりまして丁度仕上がってきましたのでパシャリ!! チタン製の場合・・・ご覧のようにステンレス製と比べ輝きがなく(素材自体の)マット系な見ため・・・そしてテールパイプはブルーに焼き入れされており独特かつスポーツ性が出ている仕様となっております。そして・・・溶接部分を見てみるとTig溶接はもちろん・・・溶接のビートのカラーが綺麗なシャンパンゴールドとなっており見ていても良い雰囲気を出しておりますね♪♪ デモ車は現在ステンレス製+カーボンテール仕様が装着されておりますが・・・一度チタン製を味わってしまうとそのパフォーマンスは魅力なので機会があれば職人さんに頼んでデモ車用に作ってもらおうかなww ラインナップは少ないですが・・・今後は車種を厳選して増やしていければと考えております。

Titanium Silencer(チタンマフラー)
http://www.arqray.jp/products/titanium_silencer/index.html

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

意味のあるパイプレイアウト!!


マフラーの音量、音色、レイアウトは車種によって異なりまして・・・車種によっては触媒後交換又はリアピースのみなどなど・・・装着してしまうとレイアウト全体を見ることはあまりないかと思います。弊社では独自のアイデアから純正マフラーとは異なるレイアウトを採用するケースが多いのですが、この写真は BMW G30 530i 用車検対応マフラーになりましてご覧のようにリアサイレンサー周りのパイプが純正品より長くレイアウトされているのがお分かりになると思います。これは単純にパイプ全長を長くしているだけではなく・・・音量の低減と音色の調整を行うために弊社開発スタッフのアイデアで取り入れたデザインとなります!! メインパイプからサイレンサーに接続するとサイレンサーの容積が決っており消音効果を上げることが小さくなり現代の厳しい「加速騒音」の数値をクリアするのが難しいです。そこで・・・パイプをご覧のように長くすることでサイレンサーに入る距離が長くなり消音効果もアップするわけです。消音効果もそうですが・・・音色のバタつき音が無くなり(簡単に言うとエキマニの等長みたいな感じ)スムーズなサウンドを発するようになります。このレイアウトは F20 M135i / F87 M2 / F30 340i / G30 530i などに採用されており・・・パイプが長くレイアウトされた分車体後方から見ると純正とは異なる見方となります♪♪ クルマを下から覗きこむ回数が増えるかもしれませんよぉ~(笑)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★