Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

明日の加速騒音試験に備え準備中(^_^;;;


昨晩・・・愛知県から戻ってきました。2日間でご来店頂きました皆様、ご注文を頂きました皆様、出展関係者の皆様、有難うございました m(_ _)m 本当に楽しかった2日間でお声をかけて頂きました dort 吉田社長に感謝です。また次の機会も是非参加させて頂きたいと思います♪ さて・・・本日は朝から会社に出社しまして発送や明日の加速騒音試験に備え・・・積載車を借りたり・・・書類を作ったりと諸々準備をしておりました。明日の加速騒音試験は F56 MINI COOPER-S で MINI 用ラインナップでは初となるカーボンテール仕様となります!! すでに F56 COOPER-S 用マフラーは沢山の問い合わせを頂戴している状態でして・・・早くも注目の的になっております。明日の試験に合格できれば生産開始となりますが・・・デリバリー開始は今のところ・・・8月になると思います。まぁ--加速騒音82dB以下というのは非常に厳しい数値であって・・・本当はもっと音量を出してスポーティな音色を奏でたいところですが・・・規則は規則ですからARQRAYとしても基準に沿ったマフラーを作り続けております。明日の試験も問題はないと思いますので試験終了後に写真撮影とサウンドファイルの収録を行い当ブログや youtube にて正式に公開したいと思いますので少々お待ち下さい。さて・・・明日に備えて・・・今日は早く帰宅してゆっくり休みます。

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo

加速騒音試験無事完了!!


水曜日は代休でお休みを頂き・・・ゆっくりでもないですが休めました。そして本日は朝から裾野へ向かい加速騒音試験を受けてきました。受験車輌は BMW F20 120i (DBA-1A16) となり開発を進めておりました F20 120i -M135i LOOK- となります。結果から言いますと・・・問題なく合格しまして・・・加速騒音75dBという優秀な数値!! 認証番号も発番されましたので生産に向けて準備を進めていく予定です。マフラー本体は2ピース構造で運転席の下ぐらいで純正マフラーを切断してアダプターパイプとリアマフラーを取り付けします。このマフラーの特徴はテール部分にあり・・・名のとうり M135i LOOK でテールパイプのポジションがややセンター寄りにオフセットされています。そして101φ×2の大口径テールパイプw(゜o゜)w と・・・ブルーに焼き入れされたチタンテール仕様!! 弊社のデモカー F20 M135i と同じルックスなのでエンブレムを外せば見ためは M135i のままになりますね (^_^ 取り付けする場合は M-PERFORMANCE 製のディフューザーか end CC 製のディフューザーが必要になります。M135i 純正ディフューザーも対応は可能ですが・・・テール径が大きくなっている関係でディフューザーのカットが必要となります。好みに応じてディフューザーをお選び下さい m(_ _)m 近日中には価格を決めてNewアイテムのページにサウンドファイルを含めて掲載しますのでもう少々お待ち下さい。さて・・・本日は早起きで少々寝不足なので早めに撤収させて頂きます(;^_^A アセアセ・・・

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo