Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

BMW F16 X6 35i 加速騒音試験 -Acceleration noise examination-


いや~疲れた1日でした。本日は加速騒音試験で裾野まで行ってきまして・・・BMW F16 X6 35i の新基準対応マフラーの加速騒音試験を受けてきました。気になる結果は・・・無事に合格しまして・・・ギリギリのラインでしたがww 静か過ぎても面白みがないですし・・・ただこの加速騒音82dB以下という基準がある以上その基準値に合わせて開発するしかないので大変は大変です(^-^;;; この F16 X6 35i はメインサイレンサーが横置きでやや大きめで(純正は)通常のクルマよりはサイレンサーを設置するスペースは大きいです。今回設計したメインサイレンサーは2個を組み合わせてデザインされており・・・その結果消音効果も大きくなりキビシイ数値ではありますが騒音試験に合格する数値が出ております!! 今回の試験合格を受け・・・これより生産作業へと進んでいきますが・・・の前に・・・価格を決定させないといけません(汗)他メーカーさんの価格を調査して決めていきますが・・・これもまた難しいのですよね。価格を決めるのは私の仕事なのでこれから電卓を叩いて・・・原価を調べて・・・まっ・・・ここ数日数字に悩んでいると思います(笑)決まり次第、ご報告させて頂きますので少々お待ち下さいm(_ _)m

新基準対応マフラー Stainless Series for
BMW F15 X5 35i 型式:DBA-KR30
BMW F16 X6 35i 型式:DBA-KU30

メイン径:60.5~70φ
出口径:90φ×4 インナーカール
商品番号:8031AU99
加速騒音数値:82dB

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo

BMW F25 X3 20d 加速騒音試験


天気が回復して・・・晴天に恵まれました。本日は午後一番から加速騒音試験があり・・・まず朝から本日集荷分のマフラーを梱包して・・・そこから積載トラックで一路裾野へと向かいました。重量の思い F25 X3 でしたから慎重に運転しましたがトラック自体が思いし・・・ブレーキングしていてその重さがよーく分かりました (-_-;;; まぁ-ともかく無事に試験センターに搬入でき試験開始・・・いつ来ても思いますが・・・この試験は精神的にキツイ( ´△`) アァ- 仮に試験を落第した場合は再試験(費用もダブル)ですので1回で合格したい!! まっ・・・試験結果から言うと問題なく<合格>でして -加速騒音:75dB -近接騒音:80dB と立派な数字でまだまだ余裕もありましたがこの辺の数値でヨシヨシです♪ 認証番号が発番されれば・・・発売開始が可能となります。その前に・・・電卓を叩いて・・・定価を決めなくては(+□+;)アセッ!!! 他社さんの価格を見ながら決める予定ではありますが・・・弊社独特のレイアウトにしてしまったのでマーケットで売りやすい価格帯にしないといけませんね。問い合わせも多数頂戴している BMW F25 X3 20d ですから早いとこ価格を決めて・・・ホームページに掲載しご予約の受付を開始せねば・・・F25 X3 20d ユーザーの皆様、もう少々お待ち下さいね m(_ _)m

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

始めました!!フォローして下さいm(_ _)m
http://twitter.com/arqray_japan


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by M.Fujitsubo