Staff Blog

スタッフブログ

記事一覧

メインサイレンサーの中身?!!


cheap jordans
wholesale nfl jerseys
stainless jewelry wholesale
cheap nfl jerseys
cheap Nike Air Huarache shoes
pompy wtryskowe
bombas inyeccion
Air Jordan 11 72-10 Retro Black Gym Red White
air jordan 5 low chinese new year
cubic zirconia wholesale
cheap air yeezy 350 boost
Authentic MCM Backpack for Sale
air jordan 12 cheap
cheap ugg boots
jordans for sale

ここ2日間・・・ブログの更新ができずすみません m(_ _)m 昨夜更新しようと自宅のPCには向かっていたのですが・・・力尽きて寝てしまってましたww 本日は忘れないよう早く更新を・・・マフラーで音を消音させるのはメインサイレンサーになりますが、このメインサイレンサーの内部は弊社も含め各メーカーで秘密がたくさん隠されております!! クルマにもよりますが、ストレート構造ですと消音効果は小さくなりますが性能面ではメリットが生まれ特にターボ車に関してはパワーUpに繋がります。NA車の場合は・・・ターボ車とは異なり音量が増加してしまい保安基準数値内に収めるのが難しくなります。しかし、車種、エンジン(直6、V型など)によっては音量数値内に収まることもありますのでストレート構造を採用している場合もあり・・・ここ最近、加速騒音規制がありストレート構造ではあの厳しい加速騒音82dB以下に収めることができません。ここで登場するのがメインサイレンサーの内部に部屋(サブタンク)を設置して排気ガスを巡回させて音量を下げる方法を採用しております (^-^ 名称は様々ですが・・・隔壁タイプやアクティブサイレンサーとも言ってますが、写真がその1例ですが(あくまで展示サンプルです)ストレート構造に比べるとやや複雑な内部構造になっておりまして・・・排気の抜けはストレート構造に比べやや悪くはなりますが排気ガスの通る距離が増えて低速トルクや音量面でメリットが生まれてきます!! もちろん・・・開発時に何個ものサンプルを作り純正マフラーに比べ性能面でメリットが出るよう弊社的最善な内部構造でマフラーを開発しております。ただ・・・最近の輸入車は・・・純正マフラー自体が直管になっているレイアウトが採用されており、加速騒音数値自体も基準値をオーバーしている車種が多数あります!! 正直・・・基準自体がおかしくない?? と思ってしまいますが・・・弊社も認証を受けていることもあり決められた基準でマフラーを開発して対応はしております!! 徐々にではありますが、グラスウールを減少させて音量を低減させる内部構造に変更をしておりまして・・・環境面にも気を使い開発、生産を続けております。基準が厳しくなる中で弊社も内部構造をいろいろと考えながら消音させ、スポーティな音色を発するよう日々努力を重ねているところ・・・サイレンサー内部は皆さんには見ることのできない部分ではありますが、各メーカーの技術が隠されているのでテールパイプ側から覗いて頂ければ少しだけ内部構造が見えるかもしれませんよぉ~( ̄ー ̄)ニヤリ

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

http://www.arqray-motorsport.com/
輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント一覧